2013 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 10

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

spectrum mod/6

【23//2013】

どうもどうも!引っ越しでノギスを亡くしたデンタですw

今日はフロントのファン×9のケーブルアセンブリとスリーブ化です♪

先日はここまで…


これ、ノイズブロッカーのファン(NB-blacksilentPRO PL-1 900RPM)なんですけど、ケーブルがすごい短いところでいきなり 3pinのメスになるんです。そして付属品の 3pin延長ケーブル×2で調整するって形になるんです。これすごくいいです!ケースにつけてからケーブルアセンブリできますから!
だから、作るものはちょうどいい長さの延長ケーブルを作っていくことになります。
まずは3pinオスとケーブルを半田で接着して、絶縁。

んで、メスのピンを圧着


ここで、デンタポイント!!
以前まで僕は熱収縮ゴムの抜けを防ぐために瞬間接着剤を塗ってから収縮させてましたが、失敗が許されないし、めんどくさいw
なので最近はマスキングテープをつかってます!w


使い方は簡単です♪自分はいつも、スリーブしてしまうとどのピンがどのケーブルのものなのかわからなくなるので一旦コネクターに戻して、ケーブルを固定します。これでピンの指し間違えを防いでるんですが、それをそのままの状態で熱収縮させるって寸法です!

マスキングで巻き巻きします。

これで指し間違えしないです。

スリーブ!


熱収縮ゴムを入れてコネクターを着けます。

そして収縮!

これだと、収縮したときにケーブルが変にまとまってカッコ悪くなったりせず、形を保ったまま固定できますし、マスキングの表面がガサガサしてるので抜けをフセゲマス。あとは仕上げにコネクターごと熱収縮ゴムで留めます。

これで完成!

ちなみに使用部材はスリーブ、スリーブ用熱収縮ゴムはMDPC-X、コネクター用熱収縮ゴムはX-ZONEのファン用熱収縮ゴムです。

これを繰り返し…
ケーブルをうまい具合に這わせれば…
(右に纏めてあるのがSATA5pin二つぶん、左側がファン3つ分です。)

今日はこんな感じで!次は背面のファンに行きます♪ではではーアディオス♪
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。